登記漏れを防ぐ

相続や売買による所有権移転登記の依頼を受けたとき、対象不動産の漏れがないかを確認する必要があります。

当たり前のことと思われるでしょうが、私道部分を近隣土地所有者で共有しているケースやマンションの区分所有者が敷地を共有しているケース(区分建物と敷地が一体化していないケース)では、登記漏れを発見することが多々あります。

登記漏れがないように全不動産を確認するには、名寄帳(固定資産台帳の所有不動産一覧)を取得することが有用ですし、従前の登記済証の確認や依頼書からの聞き込み等の情報収集も欠かせません。

(なお、固定資産税の納税通知書で不動産を確認しようとすると非課税部分が記載されていないことがあるので注意が必要です。)

登記漏れを放置したままにすると、登記に協力していただければならない方が亡くなってしまったり、行方が分からなくなったりして、登記を補完することが難しくなります。

敷地利用権や道路までの通行権を伴わない不動産を買う人はいないため換価できなくなりますので、そのような不動産を作り出さないよう司法書士は慎重に手続きしなければなりません。