役員任期満了時期の確認のお願い

平成18年5月1日に施行された改正会社法で株式会社の役員任期を「選任後10年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結時まで」延長することが可能となりました。

この任期伸長の取扱いは、平成18年5月1日以前に選任され、平成18年5月1日現在において任期が残存する役員にも適用できたため、平成17年の定時株主総会で選任され、最大限任期伸長された役員については今年の定時総会が任期満了時期となります。

役員任期が長いケースでは役員改選を失念しやすいので、今年の定時株主総会時期には是非確認していただくことをお勧めします。

 

なお、最後の登記から12年経過した株式会社については休眠会社として「みなし解散登記」がされてしまうことがあります。今年も平成27年1月20日付けで「みなし解散登記」がされた株式会社が相当数あると聞いていますのでご注意ください。