贈与税・相続税改正3

平成27年からの贈与について、贈与税率が変更になります。

 

特に直系尊属から20歳以上の者が受けた贈与が、その他の贈与に比べ税率が低く設定されていることが注目です。

 

相続時精算課税の要件緩和、子や孫への教育資金贈与とともにシニア世代の資産を動かして景気を良くしたいという意図があるのでしょう。

 

親子間で数年に渡って贈与を繰り返す(暦年課税)、節税を計画している人には嬉しい改正かと思います。