農地バンク

先日の日本経済新聞に、イオンが羽生市で米生産を始めるという記事が載っていました。

 

政府が耕作放棄地となっている農地を借り上げ、整備して貸し出し(農地バンク)、イオンは農地バンクと契約する形で農業参入するようです。

 

私の事務所では、加須市や羽生市の相続登記の受任が多いのですが、農地を相続しても耕作できず、農地法の制約から処分も出来ずに困っている方が大勢おります。

また、今年は米価格が暴落して農家の方々も大変なようです。

 

このまま農業環境が厳しくなっていくと、益々このようなスキームが増えていくのでしょう。