後見申立用診断書の費用

成年後見申立てには、成年後見用の診断書が必要となります。

この診断書は、主治医の先生に書いてもらうことが多いのですが、費用はおおよそ5千円から1万円位が相場かと思います。

(裁判所から申立後さらに詳しい鑑定が必要とされた場合は、数万円程度の別途費用が必要となることがあります。)

しかし、弊事務所で取り扱った案件で10万円の診断書料を要求されたこともありますし、同業者の話では15万円と言われたこともあったそうです。

※ちなみに10万円の診断書料を請求されたのは他県の案件であり、15万円という話も加須市内の医師ではありません。

もちろん、金額を聞いて断ることもできるのでしょうが、施設入所していて担当医師以外に頼めなかったり、その後の担当医師との関係が悪くなることを恐れたりして言い値で支払わざるを得ないこともあるでしょう。

裁判所が提供する診断書様式にも、鑑定費用でさえ、「一般的には5万円から10万円でお願いしております。」と書いてあるくらいなので、簡易な診断書では相場からかけ離れた費用請求はしてもらいたくないと思います。