インボイス制度と会社設立

会社設立登記をご依頼いただく際、多くのお客様は消費税免税期間を最大限に活かすため、資本金額を1000万円未満としたり、最初の事業年度を1年間(法人によっては7か月間)としたりと調整しておりますが、2023年10月に開始されるインボイス制度に伴い課税事業者となるかが決算期等の決定にも影響を及ぼしているようです。

弊事務所では、従前から会社設立の決算期の決定の際は、顧問税理士さんに相談して頂いておりますが、現在は取引先との関係を伺いながら、インボイス制度についても説明するようにしております。