コロナ禍の成年後見開始の申立て

先月、後見開始の申立てを行った際、通常は行われるはずの家庭裁判所での面接が省略され、審判書が送られてきました。

裁判所書記官に確認したところ、コロナ禍であることと、専門職が申立書を作成し候補者となっていたため、省略したとのことでした。

過去、本人と疎遠となっていた親族が、遠方の裁判所へ申立てたケースで、上申書を添付して面接省略してもらったことはありますが、当然あるものと準備していた面接がなかったので驚きました。

まあ、面接の必要がない程度に関係書類が作成されており、後見人就任経験の豊富な弊職の実績が認められたということでしょうか?